2010年01月10日

第50回 ボレロ


モーリス・ラベル(1928)

今回で第50回目になりますが、未だオーケストラを演ったことがありませんでしたので、ここで「ボレロ」に挑戦してみました。と言うのはオーケストラ演奏の中で一番やさしそうに思えたからです。

ところがやってみたら少しもやさしくはありませんでした。最後までいけませんでしたので、またいつかやってみようと思います。

絵は、インド・ムンバイ滞在中に、ホテルの部屋から眺めた、夜が明けたばかりのあたりの景色です。

SHIBUIASA.JPG
posted by KenG at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第49回 G線上のアリア


J.S.バッハ(1717〜1723年)

本当はバイオリンで演りたいのですが、いい音が出せないのでフルートにしました。伴奏はピアノです。
posted by KenG at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第48回 タイスの瞑想曲


J.マスネ(1894年)

小学校で毎日の授業が終わった放課後、帰宅の時間を知らせる音楽として使われていたように思います。いつか演って見たいと思っていました。

写真は同じく有栖川宮記念公園の池です。ひとりで釣りをしている人がいました。

tsurubito 1.JPG
posted by KenG at 11:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第47回 イエスタデワンスモア


リチャード・カーペンター&ジョン・ベティス(1973年)

久しぶりのカーペンターです。いろいろ音作りに工夫していたら、変にモコモコとした音になってしまい、途中で放り出していました。気を取り直して何とか修正して、最後までやってみました。

写真は有栖川宮記念公園の中の池です。釣りをしている人たちはいつもの常連のようです。

tsuribito 2.JPG
posted by KenG at 11:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第46回 ロンドンデリーエアー


アイルランド民謡

ギターとピアノの合奏は珍しいのではないでしょうか。

写真は有栖川宮記念公園の入り口です。都心にありながら鬱蒼としていて、夏でもひんやりとして別世界のようです。仕事で度々通りましたので映しました。

arisugawa prk.JPG
posted by KenG at 11:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第45回 メヌエット(モーツアルト)


W.A.モーツアルト(1756〜1791年)

いつものようにピアノ伴奏で、フルートで演ってみました。
posted by KenG at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第44回 少年時代


井上陽水(1990年)

井上陽水の最大のヒットソングと言われているようです。フルートとピアノでやってみました。
posted by KenG at 11:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第43回 エマニュエル夫人のテーマ


ピーエル・バシュレ(1974年)

映画「エマニュエル夫人」は当時としてはかなりきわどいヌードが多くて話題になりましたが、音楽もよかったですね。ピアノの独奏でやってみました。
posted by KenG at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第42回 メヌエット(ビゼー)


G.ビゼー(1872年)

戯曲「アルルの女」の中の曲で有名です。フルートとピアノで演リましたが、オーケストラではピアノのではなくハープなんですね。MIDIではワンタッチで楽器を変えられるので、今度ハープにしてみようと思います。
posted by KenG at 11:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第41回 ブルーシャトー


井上忠夫(1967年)

「ジャッキー吉川とブルーコメッツ」の代表的なヒット曲です。高校時代に頃流行っていましたが、受験勉強に追われて音楽を楽しむどころではありませんでした。

その分、今頃になって楽しんでいます。還暦を迎えて会社も定年退職したら、時間はたっぷりできると思いますが、あの頃の情熱がのこっているかどうか疑問です。

写真はドイツのノイバンシュタイン城です。森と湖にかこまれたブルーシャトーとはこのようなイメージなのでしょうね。

blue chateau.jpg

posted by KenG at 10:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。